posted at Apr/29/2005 23:00 [ ゲーム ]
Zill O'll・・・。それは魅惑的な冒険者の世界・・・。
いやマジですよ。

2000年KOEIより発売。
末弥純氏のイラストでファンタジー色の濃いフリーシナリオRPG。
この「フリーシナリオ」がクセモノなんですね。
「フリーシナリオRPG」というとロマサガを初め色々出てきましたが、ジルオールの長所は
  • 歴史が絡んでくる。
  • さすが歴史物のKOEI様! これなのよツボなのは!
    今までのフリーシナリオRPGは「シナリオの寄せ集め」感が強いだけでしたが、これは違う!
    ちゃんと一本の大陸の歴史が組まれていて、時間軸で動くんですよ。で、その歴史にどうやって関わっていくかって感じなんですね。
    あるプレイでは敵だけど、今度やってみたら仲良くなったとかザラ。

  • 主人公は話す素振りを見せるがしゃべらない。
    これはスゴイことですよ! ドラクエ辺りでもその方法は取ってますが、しゃべらないのにプレイヤーがしゃべってる気になる!
    すごーく感情移入しやすいのですな。

    上記2点により、すごく久々にガイドがない方が楽しいRPGになっています。
    ただ弱点は、「映画崩れゲームもどき」に慣れてしまったライトユーザや若年層ゲーマーには不親切に感じる部分が多いかもしれないなあ、ということでしょうか。
    自発的に動かないと大してイベントに関われずに終わっちゃいます。

    逆に言えば、ぼけーっとしていれば勝手に進むゲームに飽きている人には超オススメ。


    ↑PS版ベスト。

    ↑PS2版リメイク「Zill O'll infinite」。6月発売予定・・・ってホントかよ。
    ここの姉妹サイトで発売日情報とかやってます。
    公式サイトはコチラ
  • Edit this entry...
    wikieditish message: Ready to edit this entry.















    A quick preview will be rendered here when you click "Preview" button.