posted at Nov/18/2005 01:10 [ グルメ/ラーメン ]
浜松町の金杉橋口から出て、首都高沿いに真っ直ぐ進み、大きな道路を越えて次の信号の所を右に曲がります。
すると右側におよそラーメン屋とは思えぬ面構えの店があります。ヘタすると気付かずにうっかり通り過ぎそうです。
* 地図はコチラ *

もともと武蔵小山で人気だったお店。
入り口はまるで小料理屋のようにきれい。おかみさんは割烹着着た、可愛い感じの方でした。・・・おかみさんという言い方が正しいのか疑問だけど、「お姉さん」ではないですしな。

ラーメンはとんこつしょうゆ。
人気は「一三五(いちさんご)」で、麺堅め・油多め・味濃いめの意味。
それに味玉を乗せて頼んでみました。

・・・わたしには堅い麺は合わないようです。
よくある家系のようにあっついスープではないので、最後の方でもそれほど熱が通らないし。
次回は普通でいただくことにします。

スープは茶色っぽく濁ったとんこつしょうゆ。それが麺の3分の2しか隠さないというのも面白い話。
味は、サービスでごはんが付くんですが、そのごはんに合うような感じ。
でも横浜家系に比べるとそれほど特出して濃いとも思いません。

メニュー
ラーメン: \650
味玉: \100
etc..

味玉のタダ券をもらったので、気持ちよくまた行きますよ☆

追記(2006/07/07):
金曜日の昼です。
11時25分に行ったらすでに2人並んでいました。開いたら、もうそれだけでいっぱいに。
今回頼んだのは天虎盛り(\1,000)で好みは普通。
チャーシューが4枚(?)、メンマ、煮玉子1個(半分に割ってある)、ほうれん草、ネギ。
普通でもけっこう堅めなんですね。ほんとに普通でいいのに・・・。
でも一三五に比べたらずっと好みです。
ここの煮玉子とチャーシューが好き~。この2つに関しては、ラーメン店の中では一番好みかも。

Edit this entry...
wikieditish message: Ready to edit this entry.















A quick preview will be rendered here when you click "Preview" button.