ヴァンに対抗その1。
鶏肉を取りに行く。



取りに行くんだよー!
なにか文句があるのかーー!!
|| ZO日記 || 8 Comments || No TrackBack || EDIT ||
世界観に疑問が・・・。
この世界

識字率高すぎ!!

これ系のファンタジーでスラムの子供が字読めるってオカシイから!!
スラムにいる人間(大人含め)がそんなに教育受けてるとは思えないんだけど!!
しかも人権の概念も大してなく貴族に虐げられてるような身分で!!

もう一点。
アトレイアのイベントを見てて思ったこと。

1,2歳くらいのときに失明して15年くらい経って目が見えるようになったはいい。
そのときにきれいな娘さんを見て「きれいな方ですね」って認識できるんだろうか?
認知心理学的にどうなんだろ?
何が視覚的に美しくて美しくないかなんて、多分わかんないと思うんだけど。今までその概念がなかったんだから。
|| ZO日記 || 10 Comments || No TrackBack || EDIT ||
闇に堕ちたエルフ
大陸最大で比較的立派なギルドとはいえ、この場にはおよそ似つかわしくない。鈍く光る、傷だらけだが手入れの行き届いた黒い甲冑に身を包み、その長身の身体よりも幾分か背の高い物々しい槍を手にしていた。
豪奢な金色の髪の偉丈夫・・・ギルドの親父は、彼を勇者ネメアだと紹介した。
「闇の気配を追っていた。冒険者を無差別に襲うダークエルフが出ると聞いてな。」
1週間ほど前から、このリベルダムにそういうダークエルフが出没するという話はクリスタルも聴いていた。今回は単に仕事の依頼でリベルダムを訪れただけなのだが、リベルダム近辺からこのギルドに来るまでは気が気ではなかった。
なんでもそのダークエルフは弓を使い、一撃必殺の矢を繰り出すと聞いていたからだ。
そのとき、不意にダークエルフが出たという叫び声がした。先に反応し、身を翻したのはネメアの方だった。
クリスタルは一瞬身体がこわばったが、被害者が別行動をしている仲間である可能性があることと、そのダークエルフの腕を見てみたいとも思い、やや腰が引けてもいるがネメアのあとに続いた。

そのダークエルフは女性だった。スラムの屋根の上を走り回り、そこから矢を射ているようだ。こうなると道にいる人間には分が悪い。
...See More
|| ♀主人公/クリスタル || 6 Comments || No TrackBack || EDIT ||