8日目 - ガルドラン救出(?)~アキュリュースの傭兵 -
ロストールからリベルダムへ行く途中で意外な(?)ものを見た。
あのトンチキ勇者様ガルドランが、角狙いのならず者に絡まれているコーンスを助けていた。
・・・いや、その助け方はどうなのかという気がしないでもないんだけど・・・つか、カッコよすぎるポーズ?
しかも暗闇の滴使って目潰ししてきた相手に「俺ならこんな手は使わない」って・・・オレどっかで見たような気がするんだけどなあ・・・・・・。
でも、どっちにしてもそういうふうにして人助けするってのは、ちょっと見直した。意外とまともなことできるんじゃん。
ナッジも、自分の目的を考え直したみたいだ。ガルドランを倒したところで、なんら意味はないのだと。まあ、ナッジが前向きになってくれてよかった。

リベルダムに着いてギルドへ向かうと、あのノエルがいた。シルヴァ村で剣を抜き、それによって現れたソウルイーターによって村人を食われたことを自分のせいだと思い詰めていた娘。
冒険者になったようで、立派にパーティを組んで仕事もこなしているみたい。前向きになってくれたみたいで嬉しいんだけど、どうもここのパーティは変な雰囲気だな。
カフィンはなんかされそうでコワイ・・・(爆)いや、一番無害かもしれないけど。レイヴンは妙に眼光鋭いし、ナーシェスも・・・前に予言者に絡んでるところを見たけど、なんか裏がありそうな人物で、抜け目がない。
唯一ノエルだけが純粋そうだけど、なにか変な問題に巻き込まれないといいけど・・・。

で、ギルドから聞いた話によると、アキュリュースの傭兵の話が来ていた。
ディンガルがとうとう戦争を始めるみたいで、そのための守備についてほしいということだ。
帝国相手に分の悪い戦いになるから、集まりも悪いという。
アキュリュースは好きな都市なので、雇われてみた。

それともう一件、今度は名指しの依頼。
詳しい話はエンシャントのギルドで聞いてくれと言われたけど、なんだろうな?
名指しで呼ばれていきなりぐさってのはやだよ。
|| ♂主人公/ダリル || 6 Comments || No TrackBack || EDIT ||