反乱と陰謀と。
反乱を、と逸る弟を、シャノンは腕を上げて制した。
「考えてもみろ。反乱がたとえ成功しても、国から軍隊が鎮圧に来て皆殺しだ。」
・・・やはりそうなるのか。
シャノンはじっとこの金髪の男を睨め付けるように見ながら思った。その話は、いかに武闘派のシャノンでも考えない話ではなかったのだ。
しかし、チャカはその考えには賛同できなかった。お貴族様がどうにかしてくれるとは思っていないし、そもそもここで諦めたら、シャノンや賛同してくれた仲間はどうなるのか。
そんな想いを知らないわけではあるまいに、動こうとしない姉に痺れを切らせた。
「俺たちだけでもボルボラを倒してみせる! みんな、行くぞ!」
シャノンが止めるのも聞かずに、チャカは数人の仲間を引き連れて走り去っていった。
「バカものどもが!」
悪態を付くレムオン。だが、シャノンにはそれを制すだけの決断がまだできないでいた。
「アンタは何を知ってるんだ? ただの旅人にしちゃ・・・」
「反乱を起こした農民の末路など、相場が決まっている。これでも色々と見てきたのでな」
ただの旅人にしては、身なりもよく教養もあるようだ。何よりも、ぶっきらぼうな態度では...See More
|| ♀主人公/シャノン || 21 Comments || No TrackBack || EDIT ||
3代目♀主人公:シャノン(通算4代目)
はい。
宣言通り名前は「シャノン」で、スタートは黄金色に輝く畑。
由来はアイルランドの地名。
オイフェとかも出典がケルト神話だしな。

チャカに名字設定がないので「シャノン・エーラ」とかにしといちゃえ。
アイルランドだけど。エーラの意味。
・・・つーか農民だし、名字ないような気もするが・・・。

髪の色は弟に合わせて黒。歳は17かなあ。
貴族が大嫌い。拳で語るタイプ。きっとレムオンですらボコにされるに違いない。・・・Mかなあ、レムって。

目標はレムオンED、チャカED。
|| ♀主人公/シャノン || 6 Comments || No TrackBack || EDIT ||
アトレイアED♪
アトレイアED見ました。
いいEDですね~。かなりポイント高し。

でも、♂主人公で見ると気に入りません。あれは狙いすぎだろう・・・。


全然関係ない話ですが、entries_filedateプラグインいれなくちゃ。
なんでかっつーと、過去日入力したいから。あまりにもサボってるのでね・・・。
|| ♀主人公/クリスタル || 6 Comments || No TrackBack || EDIT ||
光から闇へ。
ティアナさまを闇落ちさせました。
彼女の苦悩は非常によくわかるんだけど(それでなくてもPS版からずっと見てたわけだから)、甘ったれんじゃねぇと言ってあげたいです。
まちゃまちゃの気分です。

今度レムオン妹スタートのシャノンの正規ルートとしてティアナ闇落ちを狙ってますが、文章化したら多分怒鳴らせるでしょう。
#・・・気性が荒い子なんです。「ふざけんじゃねえ」と反乱起こすくらいだから。

エリス様殺害の瞬間も見られたことだし、クリスタルの裏ルートはなかなか身がある状態です。

以上ご報告まで。
※エリス殺害ルートだと非常にドラマチックな文章が書けそうなのだが、アトレイアEDが見られなくなるのでとりあえずパス。
|| ♀主人公/クリスタル || 8 Comments || No TrackBack || EDIT ||
リベルダムの陰謀
その依頼は、ごく簡単なものであった。街の中にある貴族宅に届け物をする、というだけの。
考えてみれば、怪しい依頼であった。
少なくとも冒険者に依頼するような内容ではない。街の中の配達員や、依頼人が貴族ならば(ギルドの親父は有力者と言っていた)小間使いにでも頼めば済むような仕事であろう。
ところが結果はこれだ。きっとセラ辺りにバカにされるに違いない・・・。
「ロティを殺したのはこいつだ、クリュセイス」
そう言ったのは、このリベルダムの有力商人アンティノ・マモンであった。
クリュセイス、と呼ばれた女性は険のある顔をした美女だ。お嬢様特有のおっとりした印象がないのは、一代にして大商人としての地位を築き上げた狡猾な父親の血であろうか。
大商人ロティ・クロイスが殺害された。その容疑がクリスタルにかけられているのだ。
アンティノ曰く、クリスタルが毒の入った酒をクロイス邸に届けた、ということ。
しかし当然ながらそれはギルドからの依頼であり、加えて言うならば荷物の中身も知らない。そして、そもそもクリスタルにはロティを殺す動機などない。...See More
|| ♀主人公/クリスタル || 7 Comments || No TrackBack || EDIT ||
ロセンの愚王と死神
愚かな王によって閉ざされたロセンの門。
本来そこを訪れる理由などないのだが、その時なんとなくそこを訪れたのは、何かの運命もしれない。
大鎌を持った、後に「青い死神」とまで呼ばれる少女と会うために。

屈強な門衛ともめているのは、まだ少女とも言える女性であった。クリスタルよりは幾分か上だろうが。
見た目の可愛らしさとは裏腹に、大きな鎌を片手に持ち青い鎧に身を包んでいた。ただし鎧とは言っても、覆うところの少ないごく軽いものだ。先手必勝を旨とするのであろうのは簡単に見て取れる。
しかしながら、まったく臆することもなくたったひとりで門衛に挑戦的な態度を取っていた。
何やら、娘がなんとかと言っているようだ。
そういえば、とクリスタルは思い当たった。
...See More
|| ♀主人公/クリスタル || 7 Comments || No TrackBack || EDIT ||
闇に堕ちたエルフ
大陸最大で比較的立派なギルドとはいえ、この場にはおよそ似つかわしくない。鈍く光る、傷だらけだが手入れの行き届いた黒い甲冑に身を包み、その長身の身体よりも幾分か背の高い物々しい槍を手にしていた。
豪奢な金色の髪の偉丈夫・・・ギルドの親父は、彼を勇者ネメアだと紹介した。
「闇の気配を追っていた。冒険者を無差別に襲うダークエルフが出ると聞いてな。」
1週間ほど前から、このリベルダムにそういうダークエルフが出没するという話はクリスタルも聴いていた。今回は単に仕事の依頼でリベルダムを訪れただけなのだが、リベルダム近辺からこのギルドに来るまでは気が気ではなかった。
なんでもそのダークエルフは弓を使い、一撃必殺の矢を繰り出すと聞いていたからだ。
そのとき、不意にダークエルフが出たという叫び声がした。先に反応し、身を翻したのはネメアの方だった。
クリスタルは一瞬身体がこわばったが、被害者が別行動をしている仲間である可能性があることと、そのダークエルフの腕を見てみたいとも思い、やや腰が引けてもいるがネメアのあとに続いた。

そのダークエルフは女性だった。スラムの屋根の上を走り回り、そこから矢を射ているようだ。こうなると道にいる人間には分が悪い。
...See More
|| ♀主人公/クリスタル || 6 Comments || No TrackBack || EDIT ||
父の仇
ロストール王宮の奥、王女ティアナの部屋。
その豪華ながらも品の良い部屋には本来なら到底足など踏み入れられないが、クリスタルはそこに立ち、部屋の主と談笑していた。
出会いは奇妙なものだった。
スラムの幼い少女が依頼してきた悪徳貴族タルテュバに取られた人形を取り戻す案件、探りを入れるうちにこの王女が持ち主になったと知り、冒険者仲間のゼネテスの伝手で王宮の裏口から忍び込んで出会った少女こそがその目的の王女であったのだ。
幸いなことにこの王女は平民への理解を示し、いやむしろ平民と関わりを持ちたいと切実に願っている人種であったため、話はすんなりと...See More
|| ♀主人公/クリスタル || 8 Comments || No TrackBack || EDIT ||
2代目♀主人公:クリスタル(通算3代目)
名前の由来:親父の名前が「フリント(flint:火打ち石)」なので石の名前で考えてました。
候補としては「パミス(pumice:軽石)」とか「ベリル(beryl:緑柱石)」があったけど、無難なところで落ち着いてしまった・・・。
ベリルは男の子っぽいかもしれない。
出身:旅先主人公。ロストールのエリス王妃の諜報部員の娘。
年齢:15で。
髪の色:茶色。親父の色がそうなんだから変な色にはできん。
目標:ゼネテスEND。


あ、あとこのページの書き方ですが、こう何代もやってるとロールプレイな書き方もできなくなってくるんですよ。同じこと繰り返してるし、目標ができてくるからそうなるとロールプレイ言ってられない。(例えばエリス配下なのにディンガル側に付くとかいうのはロールプレイとしては理屈が付けられずおかしい)
つーわけでどうしようか・・・。

イベントのひとつを取り出して、小説風に書いてみるってのもひとつの手。
追記(2006/01/15):
ちなみにクリスタルは魔法使いの弓使いです。
うっかりヒー●ク●フ(@SW)って感じですが、性格は悪くありません。多分。
やっぱりルーンレンジャーとかマジカルハンターとか・・・・・・。
はイヤだが、マジレンジャーは本気でもっとイヤなので勘弁して下さい。
つか↑久しぶりに激怒したくなった単語なんですがコレ。
|| ♀主人公/クリスタル || 9 Comments || No TrackBack || EDIT ||
1回目-ハルベリの冒険を終えて
  • 死んじゃった人:
    エステル、ザギヴ、ゼネテス、レムオン、アイリーン、ナッジ
  • 殺しちゃった人:
    上記エステル以外。
  • 最終レベル: Lv54
  • エンディング:
    セラEND(想定の範囲内でございます)

  • ショックだったこと:
    ゼネテスが死んだこと。なおかつ最終戦で出てきたこと。更に攻撃をしかけてこなかったこと。あーーもう泣けと言ってるようなもんでしょこれわーーー!
    エリスさまが死んだのもかなりショックです。
    ザギヴの気が狂ったこと。まさかザギヴがねえ・・・。
    最終戦のムービーで、エルファスがボロボロなのがダメです。せっかくの末弥さんの絵が死んでます・・・(TT)
    アトレイアの闇っぷりもかなり怖かったな。PS版は操られて我を失ってるような感じだったのに。

  • けっこう感動したこと:
    セラが輪をかけてアホっぽくなってる気が・・・。
    タルテュバの最期。けっこういい死に方したと思う。
    なんかロストール勢がかなりフォロー入れられてましたな。
    あとキャスバルじゃなくてイズキャルとイオンズの関係がけっこう好き。

  • 総合的に:
    後半、イベントが立て続けに起きたせいかなかなか遺跡探索とかできずに練合石があまり手に入りませんでした。
    納得いかないのは両手剣を腰から抜くこと。・・・それ引きずってますからゼネテスさんですら! 背中に差しとけ背中に!

    でもセラはいい相棒って感じでけっこうよかったな。ロイ兄さんENDもあるのかしら。
    追記(05/07/16):
    練合石だって。練剛石の間違いです。
  • || ♀主人公/ハルベリ || 6 Comments || No TrackBack || EDIT ||

    Page 1/3: 1 2 3 »