1日目 - ミイス~猫屋敷~ゴブゴブ団 - 後半
仕事のためにこんどこそリベルダムへ。
ついでに送ってきた護衛として雇ってもらったおじさんと分かれてギルドへ向かう。
・・・ダメだ、道に迷った・・・。

何だか妙に卑屈な態度の、エステルという娘さんに会う。どうも時計台に忍び込んでみたいらしいけれど、これって忍び込めるシロモノなの?
ちなみにこの街では市民と非市民と分けた政策をとっているらしい。リベルダム市民は誇り高いので、ヨソ者といっしょにしてほしくないんでしょうな。
お茶を飲みに立ち寄った酒場で、またしてもあの自称勇者のガルドランに会う。・・・あーもう、アホは相手にしたくないんだけどコーンスの少年が絡まれているので助けてあげなきゃ。
それにしてもぱっとしない自称勇者。もうちょっと品性とか教養とか身につけようよ~。

助けたコーンス少年はナッジ。どうやらこのトンデモ勇者さまに友人が傷付けられて、そのカタキを取りに来たそうで。
しかしホントにろくなことしないなあこのオッサン。いくつなんだろう・・・。こう見えても若いのかしら・・・。

届け物のためギルドに行くと、ナント、ナ・ン・ト! 真の勇者ネメアさまが!!
そしたら矢継ぎ早にダークエルフが人を襲ったという話が来て一緒に行動するも、全然ダメダメでした自分・・・_| ̄|...○ てゆうかさすがネメアさま、一撃だったし。全然出る幕なかったよーー!
いつかああなってやるわ! と心に決める。
あのダークエルフは人間に妹を殺されて恨んで闇落ちしたみたいだけど、恨んでも恨みきれないだろうねえ・・・。

そういえばエンシャントに戻って、真面目に聖杯探しをしなくては。
おっとウワサ通り・・・しゃべるゴブリン・・・。
ってね、「~ゴブ!」って・・・ベタ過ぎ・・・。まあいいんだけど・・・。
やっぱり画面が固定じゃなくなったせいか、前世よりみんなでかく見える。オルナットでかい。
いやそれより、なんて律儀なゴブリンたちなんですかアンタ達。逃げるときにちゃんと注文を断るなんて! これをとっ捕まえて、エストに引き渡したい(悶絶)!! 人類の将来のために!!

大通りの前の石像のところでアイリーンという勝ち気な娘さんに会った。
聖杯を追いかけているらしく、ゴブゴブ団の話を聞いてきた。
・・・いやそれはいいんだけど、この人もセラと同じく無礼だな~。「冒険者その1」ってね・・・。事実だからいいんですけど(すねすね)。

それから仕事でテラネに向かう途中の街道でゴブゴブ団に再び会った。護衛する人を抱えているのに、今度は戦闘。
ま。これくらいのレベルならどうってことはないけど。
うーん、個人的にはほっといてあげたいんだけどな。別に悪いことしてるわけでもないし、逆に変な冒険者なんかよりよっぽどいい奴らだと思う。聖杯奪還の大義名分があるからしかたないんだけど・・・。

行った先のテラネでアイリーンと再会。
ロストールでは女は騎士になれないので、騎士として雇ってくれる国を探しているそうだ。・・・男女差別はんたーい。
ここの宿は、息子が冒険者に襲われて傷を負ったことから、冒険者を泊めてくれないらしい。
・・・あの自称勇者さまの仕業だね・・・。救いようがないなあホント・・・。

あ、教会で面白い話を聞いた。「エルファスさま」とやらの話。
|| ♀主人公/ハルベリ || 8 Comments || No TrackBack || EDIT ||
Edit this entry...
wikieditish message: Ready to edit this entry.















A quick preview will be rendered here when you click "Preview" button.