6日目 - カルラロストール侵攻~ネメア死す~ジラークの反乱 -
オイフェからの手紙を持って、カルラに会いにロセンへ向かう。
大鎌を振り回す「死神」と言われてるからどんな豪傑かと思いきや、線が細くて露出度の高い女の子。・・・あの尻出しは、ふぁんさーびす?? ジャケイラも出てるしね・・・(現実厳禁)。
まあなんか予想外にいい人だったよ。
でもロストール侵攻の計画があるみたいで、ちょっと心配だ・・・。

エンシャントでベルゼーヴァに会ったら執務室に通され、軽蔑されてるという割には、無限のソウルを持つ者は人類の革新者になる可能性があるとおだてられる。この人の目的ってイマイチわからんのですが・・・。
・・・あの髪型が人類の革新の証なのかしら・・・・・・(ぼそ)。

カルラのロストール侵攻についてティアナさまに話そうとすると、すでに防衛戦の話は出ているらしい。が、レムオンはエリスさまに反抗して兵を出さないと言っている・・・。国の存亡がかかっているときに、一体何を言っているのだろうな? 国そのものがなくなったらアンタの守るべき地位もなくなるのだがな。
ティアナさまに止められつつも、ゼネテスさんと戦う道を選ぶ。ひとりでも多くの兵力が欲しいはずだし、多分正規兵ではなく自由に動ける人間が欲しいに違いないから。
と思っていたら案の定だな。

でもその前に、ゼグナ鉱山に現れる怪物を退治してくれと頼まれる。
まあそもそも闇の神器の話が出てたから、行く気ではあったけど・・・。
やはりネメアさまがいたのでそのあとを追うことにした。すると奥にいたのは・・・。
以前山賊団を虐殺していたジュサプブロスとかいうメガネかけたダークエルフ! システィーナの伝道師! メガネしてるってことはかなり金持ちだと思われるが・・・(余談)。
でもうっかり変な局面で飛び出してしまったのでこっちをかばったために、ネメアさまは次元のはざまに落とされてしまった・・・。ああ、なんてこと・・・。

ロストールに戻ってことの顛末を報告し、いよいよ対カルラ戦。遊撃兵としてカルラを討ち取れと言われる。
ところがすんでの所でアイリーンに止められ、挙げ句にアイリーンを手にかけてしまった・・・。HP低いのよアナタ・・・。

いや、それよりも。
そのあと、宮廷でエリスさまが反逆罪で捕まったという話を聞き、その上物資横領と収賄でゼネさんまで逮捕! いったいどういうこと!?
ロストールに戻り、城に急ぐと城門で兵士に止められるけど、あたしはアンタ達のレベルで敵う相手でなくってよ! エリスさまは処刑されて、更にゼネテスさんまで処刑だなんて、聞いて足が止まるワケないでしょー!!
城の前でティアナさまがドラゴンに襲われていたので、まずはそれを倒し彼女を保護。つかなんでこんなところにドラゴンなんかいるの!?
仕方がないのでティアナさまを城門まで送り届けると、双子のお姉ちゃんがティアナさまを捜していたらしく、とりあえずお礼を言われ、さらにゼネさんからの手紙を預かった。・・・遺書になんかさせないわッッ!!

謁見の間まで急ぎ走る。
ゼネテスさんともあろうものが下っ端の兵士に殴る蹴るされて痛々しい・・・。
こっちが乗り込んで兵士を叩き伏せると、出てきたのはザハク、闇の住人! さっきのドラゴンといい、いったい何なの!?
それもブチ倒すと、とうとう業を煮やしたレムオンは、その刃をゼネテスさんに向けた。・・・・・・ッ!!

・・・それが正義だというなら、わたしは絶対にあんたを許さんぞレムオン卿!(ちゃーちゃーちゃー ちゃっちゃらーちゃっちゃら~#ダー●ベーダーのテーマ)
あんたはムカつく奴だけど、筋の通らないことだけはしないと信じてたのに・・・!
(プレイヤー闇落ち。怒りと憎しみが原動力のダークサイド。)

とはいえ、そこにシャリが様子のおかしいアトレイア姫を連れて現れ、レムオンがダルケニスだということを暴露し、更に様子のおかしくなったレムオン卿までも連れ去ってしまった。

それからティアナさまのところに戻り、結局遺書となってしまった手紙を手渡した。
ああ、ゼネテスさん・・・。剣狼ともあろう方が、あんな姑息な手にやられるなんて・・・。どうせなら戦いの中で死にたかったろうなあ・・・。

まあそんなごたごたがあって、結局ロストールもディンガルも指導者を失って休戦状態。
その一方で、アキュリュースを支配下に置いたジラークがネメア亡き後のディンガルに種族差別のない社会の実現を見出せず、アキュリュースをコーンスの国とすべく反旗を翻したという。

エンシャントに行くとオイフェにエルズのエアに会いに行きたいと護衛を頼まれた。ネメアさまが何を言われたかが気になるという。
それから、スラムでロストールの双子とツェラシェルがケンカしているところを目撃。・・・アンタ達、仲のいい兄妹じゃなかったっけ? 特にお兄ちゃんは妹思いだったはず・・・。しかもロストール存亡の危機に何をしてるのですか・・・。
ロストールのスラムの酒場で話をするというので、あとで行きます。

ネメアさまがはざまに落ちたことを救う手だてはないかと、ネコ化オルファウスに相談。あーもうケリュネイアは泣いちゃうし、もうこっちも泣きたい気分だわよ、色んなことがありすぎて・・・。
南西にある闇の門の島に次元のはざまに通じるところがあるという。ワッシャー海賊を頼ってそこに行けという指示をもらった。

ああ、終盤だ・・・。
何はともあれ、ゼネさんの弔い合戦をせねば・・・。
|| ♀主人公/ハルベリ || 6 Comments || No TrackBack || EDIT ||
Edit this entry...
wikieditish message: Ready to edit this entry.















A quick preview will be rendered here when you click "Preview" button.