7日目後半 - 邪竜の断層~インフィニティア -
ティアナさまから、前国王の形見として清廉の腕輪をいただいた。この方が前国王が喜ぶだろうと。
そう言われるんなら役立てます。はい。

リベルダムを経由し、邪竜の断層の奥に向かう。その途中にいたのはオイフェとドルドラム。
オイフェというのはけっこう一直線バカというかなんというか、またしても出会い頭に「神器を渡しなさい!」と高圧的なオネガイ。まあいきなり武器向けられるよりはマシかもしれないけど、でも結果は同じで力づくで奪うみたいだ。
それから偶然にもジュサプブロスが現れた。コイツ見るからに性格悪そうだ・・・。
と思っていたら、なんだか様子のおかしいゼリグも現れ、オイフェとドルドラムも殴り倒していった! と思ったら今度はジュサプブロスといっしょにいなくなっちゃうし、一体どうなってんの!? てゆーかオイフェも連れて行かれちゃった・・・。
あ、その間にオルファウスが実はエルフの長・ハイエルフのパルシェンだという話も聴いたんだけど、まあそれはいいや(おい)。

邪竜の復活がどうこう言っていたので奥へと急ぐ。ああもう、ザコ敵がうざってー・・・。
そしたら祭壇にはすでにオイフェが横たえられていて、エルファスも混ざってた。相変わらずゼリグはぼーっとしてるみたいだ。
が、ジュサプブロスの「殺せ」という命令にやはりなんだかぼーっとした感じで反応している。向かってくるなら火の粉は払わなければならないけど・・・
さすがにそんな魂の入らない拳は効かないわよ!
返す刀で殴ると、ゼリグは我に返った。どうやら操られてたらしいけど、最期に邪竜復活の企みを潰すために祭壇を破壊した。
復活にはこの祭壇が重要であったらしく、さすがのエルファスもここは諦めて去っていった。

こうなるとジュサプブロスも、邪魔ばかりするこちらが気に入らないのも当然でしょう。
が、女々しいって言うかなんて言うかなー・・・生い立ちとか話し始めちゃったよこの人。なんかダークエルフに生まれてきたことを恨んでるような、そんな感じだ。世の中も嫌ってるしお天道様に顔向けできない自分も嫌ってる。
でもやっつけちゃうんだな。ま、同情なんかされたくないだろうけど。

オルファウスが転送の魔法を使い、オイフェも含めて猫屋敷に戻る。オイフェがオルファウスをパルシェンと呼ぶと、ケリュネイアの反応が・・・。つかアナタも知らなかったんですか・・・。
そしてオルファウスから古の樹海に向かい、原始口伝を聴いてくるように言われた。古代の神々も絡んだ戦いになるだろうと言って。

古の樹海・・・ここ嫌いなんだよな・・・マップが複雑でよく道に迷う。
でもここのエルフの結界のところでインフィニティアを授かった。

ロストールに行ってティアナさまに会うと、病気で伏せっているタルテュバを助けるために生命のかけらを分けて欲しいと頼まれた。
ていうかタルテュバが、病気?
寝室に連れて行かれて見てみると、確かに死にそうな有様だった。どうも酒に溺れていたらしい。・・・しかしなんで?
それにしても今際の言葉か、以前のタルテュバからは考えられないくらい気弱だ。それに自分が貴族ということだけにすがって弱い者イジメをしていたこと、自分がイヤな奴だと思われていることも知っていると。
・・・なんでこの人は、そこまで自覚があってもっと前向きに生きられなかったのだろうな(嘆息)。
リューガ家の執事セバスチャン(前世ではおじいちゃんだと思っていたよ・・・)はそれでも同情的だった。何かに付けエストやレムオンと比べられていたと。

それにしてもエルファスの予言は外れたな。前にタルテュバに向かって「怪物になって死ぬ」って言ってたんだけどなあ。
む? これは世界がいい方向に向いてきたということかな?

#別次元の話ですが。#############
エンシャントで町の人がいなくなり(ソウルリーブを使ったとか)、様子のおかしいザギヴが皇帝になっているイベントが発生している。
ゾフォルとザギヴを倒そうとしたら強くて歯が立たず、とりあえず脱出しようとしたら城門閉まってて出られないでやんの・・・。
リセットしたけどそれがまた発生し、今のところエンシャントには近寄らず放置しているのだけど、どうすればいいんだ?? 放置し続けるとなんかヤバイことが発生するのか??
#######################
|| ♀主人公/ハルベリ || 10 Comments || No TrackBack || EDIT ||
Edit this entry...
wikieditish message: Ready to edit this entry.















A quick preview will be rendered here when you click "Preview" button.